子供の白髪の改善に役立つ!?チロシンやフェニルアラニンの効果とは

image

子供の白髪は様々な要因で発生しますが、原因が病気以外の場合であれば、チロシンという成分が子供の白髪予防に役立つかもしれません。

チロシンは食品から摂取できる栄養素で、身体の内部でも生成されています。また、フェニルアラニンはチロシンの原料となる成分です。チロシンとフェニルアラニンを意識的に摂取することで、黒髪を維持する効果が期待されています。

このページでは、チロシンやフェニルアラニンの効果効能について解説しています。

スポンサーリンク

チロシンとは

チロシンとは、たんぱく質生合成に使われる非必須アミノ酸の一種で、体内では必須アミノ酸の一種であるフェニルアラニンから合成されます。

アドレナリン、ノルアドレナリンやドーパミンといった神経伝達物質の原料でもあるため、近年では、鬱状態を改善する効果があるとしても話題になっています。

チロシンと髪の毛の関係

さて、なぜ白髪の改善にチロシンが関係するのでしょうか。

実は、チロシンは髪の毛を黒くするメラニン色素の原料でもあります。髪の毛は、生成されている時点では色がついておらず、無色透明です。そこにメラニン色素が加わることで、髪の毛に色がつきます。髪の色は、メラニン色素の量で決定されます。

チロシンの効果・効能

  • 気分の落ち込みや鬱症状をやわらげる
  • 集中力の向上
  • ストレスの軽減
  • 白髪の予防

白髪は、老化だけでなく栄養不足やストレスなどの要因によっても発生します。チロシンを摂取することにより、メラニン色素の原料が増えるだけでなく、鬱症状やストレスが軽減するので、多方面から白髪予防の効果が期待できます。

また、集中力の向上という効果もありますので、子供の学習力の向上にも役立つことが期待できます。

チロシンが含まれている食品

  • 大豆
  • 高野豆腐
  • きなこ
  • チーズ
  • 落花生
  • しらす干し
  • すじこ
  • たらこ

大豆製品、落花生、チーズ、魚などに多く含まれています。これらを摂取することが難しい場合は、サプリメントなどで摂取してもかまいません。

フェニルアラニンとは

フェニルアラニンは必須アミノ酸の一つで、牛乳、卵、肉などの食品中のたんぱく質に多く含まれています。

チロシンは、体内でフェニルアラニンから合成されていますが、フェニルアラニン自体は体内で合成することができません。そのため、食品から摂取する必要があります。

フェニルアラニンの効果・効能

フェニルアラニンには気分を高揚させたり、記憶力を高める効果があります。

鬱病や月経前の情緒不安定に有効な場合があるとされています。また、ADHD(注意欠陥多動性障害)患者の活力や注意力・集中力を増進させるという調査結果もあります。

フェニルアラニンが含まれている食品

フェニルアラニンが含まれている食品には以下のものがあります。

  • 大豆製品
  • 小麦
  • チーズ
  • かぼちゃ
  • ごま
  • アーモンド
  • 落花生
  • 肉類
  • 魚介類

関連:子供の白髪 原因と対策

スポンサーリンク