眼精疲労で白髪が増える可能性も 目の使い過ぎに注意

image

子どもの白髪が増えている原因には、生活習慣の変化が影響を与えている可能性もあります。

以前からテレビゲームのやり過ぎで目が悪くなる子供が増加していることが問題化していましたが、近年ではスマートフォンやパソコンが普及し、ますます子供の視力は低下しています。

昔と比べて外で遊ぶ子供が減り、室内でゲームをしたりテレビを見ることが習慣となっています。また、塾や習い事で机に向かっている時間が増え、目を酷使することが増えている状況です。

子供の眼精疲労と白髪にはどのような関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク

目を酷使する子供が増えている

なぜ、ゲームや長時間の勉強が原因で視力が落ちるのでしょうか。

目は、近くのものにピントを合わせるときに筋肉を収縮させます。しかし、ピントが何時間も固定されていると、徐々に遠くのものにピントを合わせることができなくなってしまいます。

長時間近くのものにピントを合わせ続けていると、眼精疲労が起こります。眼精疲労が慢性化すると、目のピント調整はさらに困難になっていき、近視の状態になります。

眼精疲労で白髪が生えることは?

目を酷使することで白髪が生える可能性があるという報告があります。

白髪は身体の不調をあらわすことがありますが、東洋医学では目が悪いとおでこやこめかみに白髪が多く生えるといわれています。

『若白髪が生えている人は頭がいい』という迷信がありますが、何時間も机に向かって勉強をしていると眼精疲労になる可能性が高まりますので、意外に真実をついているかもしれません。

眼精疲労を改善するために

  • 1時間に1回は休憩し、遠くを見るようにする
  • 目をぐるぐる回して目の運動をする
  • 眼輪筋を軽く指圧し、血行を良くする
  • 前頭部・側頭部をマッサージする

マッサージは軽く押すだけで効果があります。また、揉みほぐすよりも指圧した方が血行が良くなります。

指圧を行う際は強く押しすぎないように気をつけてください。あまり強く圧迫しすぎると、毛細血管が壊れたり、打撲と同じようなダメージを受けることになります。

関連:子供の白髪 原因と対策

スポンサーリンク