ビオチン欠乏症による子供の白髪 原因と対策

image

子供が白髪になる原因の一つに、ビオチン欠乏症があります。ビオチンが不足すると、皮膚や髪の毛に悪影響を与えるといわれており、薄毛や白髪を引き起こすこともあります。

このページでは、ビオチン欠乏症によって引き起こされる子供の白髪について解説しています。

スポンサーリンク

ビオチンとは

ビオチンは、腸内で作られるビタミンBの一種で、ビタミンHとも呼ばれています。ビオチンは酵素の生成と深い関わりがあり、コレステロールや脂肪酸を代謝させ、身体を正常に機能させるためのエネルギーを作ります。通常、ビオチンはさまざまな食品に含まれており、また腸内細菌によって生成されているため、欠乏症は起こりにくいと考えられています。

ビオチンは掌蹠膿疱症の治療に用いられることで知られていますが、アレルギー疾患や自己免疫疾患、糖尿病などのさまざまな病気の発症にも関係していることが明らかになってきています。

ビオチン欠乏症の症状

体内のビオチンが欠乏すると、皮膚や髪の毛に悪影響を及ぼすことが確認されています。

  • 髪質が悪くなる
  • 白髪になる
  • 髪が抜ける
  • 肌荒れ
  • 湿疹
  • 疲労感

母体から胎児への影響

動物を用いた多くの研究において、妊娠中にビオチン欠乏状態に陥った母体の胎児に、高い確率(-100%)で奇形が誘発されることが報告されています。主なものとして、口蓋裂、小顎症、短肢症、内臓形成障害などがあります。一方で、ビオチンを多量に摂取した場合の動物実験においても、催奇性が確認されています。

ビオチンが欠乏する原因

ビオチンは腸内細菌によって作られるため、普通に生活している分には、欠乏症が起こることはまずありません。しかし、以下のケースにおいてビオチンが欠乏する可能性があります。

  • 卵白の大量摂取
  • 栄養吸収が悪い
  • 腸内細菌叢が悪玉菌優勢となっている

生卵白摂取による悪化の例

成人・青少年、先天性ビオチン代謝異常の小児を対象に、慢性的に生卵白を摂取してもらうという試験を行った結果、以下の症状が報告されています。

  • 白髪・抜け毛の発生
  • 脂漏性湿疹
  • 紅斑性湿疹
  • フケ
  • 免疫機能への影響
  • カンジダ皮膚炎

慢性的に生卵白を摂取した成人や青少年では毛髪の退色を伴う脱毛,落屑性の脂漏性湿疹,紅斑性湿疹,うつ,嗜眠,幻覚,四肢の感覚異常がみられている.
免疫系では細胞性,体液性の免疫機能において影響が現れ,先天性ビオチン代謝異 常の小児においてカンジダ皮膚炎が観察されている.
(出典:成人におけるビオチンの目安量についての検討

このような症状が引き起こされる原因は、卵白に含まれているアビジンが消化管内でビオチンと特異的に結合して、腸管からのビオチン吸収を阻害しているためと考えられています。

一日あたりのビオチン摂取量の目安

単位:マイクログラム(μg)

年齢(歳) 男性 女性
0~5(月) 4 4
6~11(月) 10 10
1~2 20 20
3~5 20 20
6~7 25 25
8~9 30 30
10~11 35 35
12~成人 50 50

(出典:日本人の食事摂取基準(2015年版)|厚生労働省

ビオチンは食事から摂取することが可能であり、腸内で作り出すことも出来ますので、通常はあえてビオチンを摂取するということをしなくてもよいと考えられています。

しかし、抗生物質の投与などにより腸内細菌叢が悪化し、ビオチン不足が明白である場合は、意識してビオチンを摂取するようにしてください。

ビオチンを含む食品

ビオチンを多く含む食品には、牛や豚のレバー、鶏レバー、ししゃも・いわし・鰹・うなぎなどの魚類、ナッツ類などが挙げられます。卵黄にも多く含まれていますが、卵白に含まれるアビジンが吸収を妨げるため、ビオチンを意識して摂取したい場合には注意が必要です。

腸内環境を整える

ビオチン不足の人は、腸内環境が著しく悪化していることが多いと考えられます。ビオチンの摂取だけでなく、腸内環境を整えるという面からも改善していかなければならないでしょう。子供が下痢や便秘を繰り返していたり、おならが異常ににおうということがないか、注意深く見守ることが必要です。

子供でも安心して使える天然素材の白髪染めについて

関連:子供の白髪 原因と対策

スポンサーリンク