赤ちゃんにできるニキビ・新生児痤瘡の原因と対策

image

新生児のおでこや頭皮に赤みがかった吹き出物ができたら、新生児痤瘡(新生児ニキビ)かもしれません。

生後間もない新生児は皮脂の分泌が多く、顔やおでこにニキビが発生することがあります。

ここからは、新生児痤瘡の原因と症状、家庭での対処法についてご説明します。

スポンサーリンク

新生児痤瘡(しんせいじざそう)の原因と症状

image

新生児痤瘡の症状

新生児痤瘡(しんせいじざそう)は、新生児や乳児に発生する赤みがかったニキビ状の発疹です。額や頬、鼻の周辺に症状があらわれることが多いのが特徴です。生後2週間頃から発症し、生後2ヶ月でピークを迎えますが、3〜4ヶ月程度で自然治癒します。治療が必要になることはほとんどありません。

新生児痤瘡の症状の特徴としては、顔やおでこ周辺にしか発生せず、痒みはほとんどないということです。そのため、赤ちゃんが症状に不快感を示したり、むずがったりすることはあまりありません。

新生児痤瘡の原因

新生児痤瘡を発症する原因は不明ですが、妊娠中の母親由来の男性ホルモンが新生児に影響を与え、皮脂の分泌を増加させている可能性があります。

皮脂の分泌は男性ホルモンに関係するといわれています。男性ホルモンは皮脂の分泌を促進させるため、増加した皮脂が頭皮や顔の毛穴に詰まり、炎症を起こすと考えられます。炎症が悪化するとニキビと同様の吹き出物が増加します。(⇒ 頭皮ニキビ

特に男児は男性ホルモンの影響を受けやすいため、女児よりも新生児痤瘡が発生する割合が大きいといわれています。

新生児痤瘡を発症すると、乳痂を併発することもあります。乳痂とは、乳児脂漏性湿疹を発症した乳児に多くみられる黄色いフケで、うろこ状でべとつきがあります。頭皮だけでなく、顔や耳の後ろなどにかさぶたのような湿疹を伴います。

赤ちゃんのフケ・乳児脂漏性湿疹の原因と治療法・家庭での対処法

新生児痤瘡(しんせいじざそう)の家庭での対処法

新生児痤瘡は、多くの場合2ヶ月でピークを迎え、その後自然に改善します。これは、生後3ヶ月ほどでホルモンの影響が薄れ、皮脂の分泌が正常化するためです。そのため、病院で治療をする必要はほとんどありません。

新生児痤瘡は一過性のもので、自然に消失していきますが、できるだけ症状が悪化しないように対処することも大切です。

ご家庭では以下のことに留意してケアをしてあげてください。

寝具を清潔にする

生後3ヶ月は皮脂の分泌が最も増加する時期といわれています。赤ちゃんは汗をかきやすく、唾液などで汚れることも多いため、枕やシーツはこまめに取り替え、常に清潔にしておくようにしましょう。

汗はこまめに拭き取る

新生児は、身体は小さいですが汗腺の数は大人とほぼ同じです。大人よりも狭い面積に汗腺が密集しているので、汗や皮脂の分泌が多いとニキビができやすくなってしまいます。

乾いたタオルやティッシュで拭き取ると、摩擦によってデリケートな赤ちゃんの皮膚を傷つけてしまう可能性があるため、おしぼりや汗拭きシートなどでこまめに拭き取るようにしましょう。

フケは優しく取り除く

乳痂が出ている場合には、柔らかいブラシなどで払い落としたり、おしぼりなどで優しく拭き取りましょう。

患部はベビー用石鹸で丁寧に洗う

新生児は皮脂の分泌が多いため、常に清潔な状態を保つ必要があります。刺激の少ないベビー用石鹸やシャンプーなどをしっかりと泡立ててから、優しく洗ってあげましょう。洗った後は、石鹸が残らないようにしっかりとすすいでください。乾燥が気になる場合にはベビーローションを塗布してください。

まずは医療機関で相談を

新生児痤瘡は自然に治癒するものですが、新生児や赤ちゃんに発生する吹き出物や皮膚病には他にも様々なものがあります。新生児痤瘡と症状が似ている皮膚疾患もありますので、区別がつきにくい場合には医師の診察を受けるようにしましょう。

関連:
頭皮にニキビができる原因と治療法・家庭での対処法
生え際にできる頭皮ニキビがなかなか治らないのはどうして?
子供の脂漏性皮膚炎 / 乳児脂漏性湿疹の症状と治療法
子供に脂っぽいフケ(脂性フケ)が出る原因と対処法 
赤ちゃんのフケ・乳児脂漏性湿疹の原因と治療法・家庭での対処法

スポンサーリンク