頭皮にニキビができる原因と治療法・家庭での対処法

image886

思春期になるとできやすい頭皮ニキビ。対処に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

頭皮ニキビは髪の毛が密集した場所にできるため、顔や背中のニキビよりも対処が難しく、なかなか治らないこともあります。放置すると、悪化してニキビの範囲が広がったり、膿がたまるなどの症状が出る恐れもあります。

頭皮ニキビは可能な限り予防し、症状が酷くなる前に早期に改善していきましょう。

スポンサーリンク

頭皮ニキビができる原因とは

思春期にニキビが出来やすいのは、成長ホルモンの分泌が増加することによって顔や頭皮の皮脂分泌が増えるためです。皮脂の分泌が増加すると、毛穴に皮脂汚れや角栓が詰まり、そこにアクネ菌が増殖することでニキビが悪化していきます。

皮脂の分泌が増加するのはなぜ?

頭皮ニキビが出来やすい人は、頭皮の皮脂分泌が比較的多いという特徴があります。特に思春期には皮脂の分泌が増加するため、頭皮ニキビが発生しやすくなります。

皮脂の分泌が増加する原因は、成長ホルモンによる影響以外にもストレス、食生活の乱れ、寝不足、性ホルモンの影響などがあります。

ストレス

思春期においては肉体的・精神的ストレスがあり、様々なことに悩みやすい時期です。ストレスがたまるとホルモンバランスの崩れや自律神経の乱れなどから、皮脂分泌が増加したり、新陳代謝の異常につながる場合があります。

脂質・糖質の摂り過ぎ

普段の食事が原因で皮脂の分泌を増加させる場合もあります。脂分・油分の多い食事をとると、血中に脂質が増加し、皮脂の分泌が増加します。また、糖質も摂取しすぎると体内で脂質に変化するため、皮脂の分泌が増加するm可能性があります。

揚げ物、加工食品、スナック菓子などは脂質や糖分、炭水化物が多く含まれており、体内に脂肪が溜まりやすいため食べ過ぎは禁物です。食品添加物が多く含まれた食品も栄養バランスを崩しやすいため注意が必要です。

寝不足

夜更かしや寝不足は自律神経の乱れを引き起こし、体内の様々なバランスを狂わせるため、皮脂の分泌過多などの異常が起こりやすくなります。

身体が大きく成長する思春期には、成長ホルモンを十分に分泌させることが重要です。成長ホルモンは主に睡眠中に分泌されるため、睡眠が不足することで身体の成長を阻害してしまう可能性もあります。夜10時から深夜2時は成長ホルモンが最も多く分泌されるゴールデンタイムといわれています。この時間帯にはしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

性ホルモンの影響

男性ホルモンには皮脂の分泌を増加させ、皮膚の角化を促進させる作用があります。そのため、男児の場合は男性ホルモンが増加するに従い、ニキビが出来やすくなります。

男性ホルモンは、女性でもわずかに分泌されています。ストレスや生活習慣の乱れなどでホルモンバランスが崩れると、女性でも男性ホルモンの分泌が増加し、男性ホルモンの影響を受けやすくなることがあります。

女児の場合は黄体ホルモンによって皮脂の分泌が増加することがあります。黄体ホルモンは女性ホルモンの一種で、排卵直後から次の月経までの約2週間に分泌量が増加します。そのため、月経前にニキビや吹き出物の症状が出やすくなります。

洗い過ぎ

皮脂の分泌が気になるからといって洗いすぎてしまうと、頭皮を保護するために必要な皮脂まで除去してしまい、皮脂の分泌はさらに増加してしまいます。シャンプーを大量に使ったり、洗浄力の強いシャンプーを使い続けることも控えたほうが良いでしょう。

シャンプーの使用量を減らすためには、まず最初にたっぷりのお湯を使い、頭皮表面の汚れや皮脂を溶かし出すことが大切です。

シャンプーの後にトリートメント剤を使用する場合には、頭皮に付着させないように注意しましょう。トリートメント剤に含まれるシリコンや油脂などが毛穴を塞ぎ、頭皮ニキビの症状が悪化する可能性もあります。

毛穴が詰まるのはなぜ?

毛穴の詰まりが起こる原因は、皮脂汚れが十分に洗い流されないまま毛穴に残り、それが酸化して固まってしまうためです。皮脂が固まったものをコメドと呼びます。

洗髪時に、シャンプーを良く泡立てないままで洗ったり、すすぎが不十分であると、古い皮脂が毛穴に残りやすくなります。

新陳代謝に異常が起こったり、外部からの刺激などによって毛穴が詰まることもあります。頭皮ニキビが出来ると、つい気になって触ってしまう人も多いのですが、刺激によって毛穴が塞がったり、雑菌が付着することがありますので、できるだけ触らないようにしてください。

頭皮にアクネ菌が増殖する理由

アクネ菌は、元々皮膚に存在している皮膚常在菌です。『菌』というと悪者のイメージがありますが、通常の範囲内であれば皮膚のバランスを正常に保つために必要な働きをしてくれるものです。しかし、何らかの原因で異常繁殖すると、肌に悪影響を及ぼします。

アクネ菌は空気のないところに生息する嫌気性菌で、空気に触れると生きられないため、毛穴の奥に存在しています。ところが、皮脂の分泌が増加して毛穴が詰まると、皮脂を餌にアクネ菌が異常繁殖し、ニキビが悪化してしまいます。

アクネ菌が増殖する理由には、免疫力や抵抗力の低下、疲労、ストレスなど様々なものがあります。また、食生活の乱れやビタミン不足などが関わっている場合もあります。規則正しい生活やバランスの良い食事を心がけ、頭皮環境を清潔に保つことが大切です。

頭皮ニキビを改善するための対処法

頭皮ニキビを予防・改善するためには、普段の生活習慣を改善する必要があります。ここでは家庭で出来る対処法についてご紹介します。

ビタミンB2・B6を摂取する

image

皮脂の分泌を抑えるためには、ビタミンB2・B6を摂取することが有効です。不足すると皮脂の分泌が増加するとも言われており、肌荒れや炎症を起こしやすくなります。ビタミンB2・B6は緑黄色野菜に多く含まれています。

脂っぽい食事を控える

私たちの身体は食べたものによって作られていますので、脂っぽい食事をとることが多ければ、皮脂分泌の増加につながります。油分の多いこってりとした食べ物や加工食品、甘いお菓子やスナック菓子などは食べ過ぎると皮脂の分泌を増やしますので、ほどほどにしておきましょう。

辛い食べ物を控える

激辛料理など刺激の強い食品には注意が必要です。唐辛子に含まれるカプサイシンには血行を良くするという作用があるため、少量の摂取であれば健康に役立つ場合もあります。しかし、大量に摂りすぎると皮脂の分泌過多の原因となります。

髪の毛を濡れたままで放置しない

菌はジメジメとした環境で繁殖しやすいため、髪の毛を濡れたままで放置すると症状が悪化する可能性があります。髪を洗ったらすぐに乾かしたり、帽子の中が汗で蒸れないようにこまめに換気するようにしましょう。

十分な睡眠をとる

寝不足や夜更かしの習慣がつくと、体内の様々なバランスが乱れて皮脂の分泌が増加します。また、成長ホルモンの分泌が減ることで、皮膚のターンオーバーが乱れ、頭皮ニキビの症状が悪化する可能性があります。

傷や病気の回復は主に睡眠時に行われるため、頭皮ニキビを出来るだけ早く治すためには十分な睡眠をとることが大切です。

枕カバーをこまめに取り替える

寝ている間にも頭皮環境を清潔に保つ必要があります。枕カバーは雑菌が繁殖しやすいので、できるだけこまめに取り替えるようにしましょう。

洗浄力や刺激の少ないシャンプーを使う

皮脂の分泌が多いと、それを除去するために洗浄力の強いシャンプーを選びがちです。しかし、洗浄力の強すぎるシャンプーは皮脂を除去しすぎるため、さらに多くの皮脂が分泌されるという悪循環に陥りやすくなります。

また、皮脂を除去しすぎると皮膚のバリア機能が衰え、炎症を引き起こしやすくなります。シャンプーに含まれる成分が頭皮を刺激し、炎症を起こしやすくなるケースもあるため、成分表示を確認してシャンプーを選ぶことも大切です。

頭皮ニキビが出来やすい人は、元々頭皮が敏感で外的環境に弱い体質であることが多いため、洗浄力が強すぎず、刺激の少ないシャンプーを選ぶようにすると良いでしょう。

頭皮ニキビがなかなか治らないという人や、頭皮ニキビを予防したいという人は抗菌シャンプーを使用するのもおすすめです。抗菌シャンプー以外のシャンプーを使用しても殺菌効果はありませんので、菌を殺すことはできません。

市販されている抗菌シャンプーには製薬会社から発売されているコラージュフルフルネクストがあります。市販品で唯一抗真菌作用が認められており、厚生労働省から認定を受けた医薬部外品です。

皮脂の多い人にはすっきりさらさらタイプが、乾燥しがちな人にはうるおいなめらかタイプがおすすめです。

▼すっきりさらさらタイプ

▼うるおいなめらかタイプ


コラージュフルフルネクスト 薬用シャンプー&リンス(持田ヘルスケア公式サイト)

医薬部外品 各 1,600円(税抜)

スポンサーリンク