若白髪や薄毛の改善に動物性たんぱく質が必要な理由

image

今、若い女性の間で過酷なダイエットや食事制限を繰り返すことにより、栄養失調の症状を訴える人が増加しています。

また、メディアの影響もあり、菜食主義やマクロビを実践する人が増えています。野菜や果物、穀類だけを食べ、動物性たんぱく質を一切とらないという人も少なくありません。

その結果、若くして髪が大量に抜け落ちたり、白髪が増加するという結果を招くケースもあります。

このページでは、若白髪や薄毛の改善に動物性たんぱく質が必要な理由について解説しています。

スポンサーリンク

若白髪や薄毛の改善に動物性たんぱく質が必要な理由

たんぱく質は、私たちの身体を作るために最も必要な材料となるものです。たんぱく質には、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。

動物性たんぱく質に代表されるのは肉類・魚介類・卵・乳製品などの食品です。植物性たんぱく質に代表されるのは、豆腐や納豆、きな粉などの大豆製品です。ヘルシーなイメージから、動物性たんぱく質の代わりに植物性たんぱく質を食べる人が増加しています。

植物性たんぱく質がヘルシーといわれるのは、動物性たんぱく質よりもカロリーやコレステロール値が低いからです。肉の代わりに豆腐を食べることでカロリーやコレステロールを抑えることができ、生活習慣病の予防やダイエットには効果的です。

ただし、極端に偏った食生活は身体に大きな負担をかけてしまいます。確かに、既に成長を終えた大人の方や、メタボリック症候群の方にとっては植物性たんぱく質を摂取したほうが健康的であるといえるかもしれません。

しかし、成長期のまっただ中にいる子供にとっては、植物性たんぱく質だけでは栄養が不足する場合があります。

動物性たんぱく質のメリット

動物性たんぱく質は、植物性たんぱく質と比べて体内での利用率が高く、90%以上が使用されます。

また、動物性たんぱく質は体内に吸収されやすいため、1日の必要量を満たしやすく、栄養も豊富です。十分な量のたんぱく質を摂取することで、皮膚、髪の毛、爪、内臓が丈夫になり、免疫力もアップします。

一般的に、動物性たんぱく質の方がアスリートに好まれる傾向があります。それは、動物性たんぱく質の方が植物性たんぱく質よりも効率よく身体作りが出来ると考えられているからです。

もちろん、動物性たんぱく質にもデメリットはあります。

動物性たんぱく質にはコレステロールや飽和脂肪酸が含まれています。メタボリック症候群の方、コレステロールが高い方は摂りすぎないように気をつけた方が良いでしょう。

肥満が気になる場合は、脂肪分の少ない赤身肉を選んだり、魚介類や卵を食事に取り入れることで対処が可能です。

植物性たんぱく質のメリット

植物性たんぱく質は油脂をほとんど含まず、食品の油脂分を低く調整することができます。そのため、結果的に低脂肪、低カロリーの献立が実現できます。

植物性たんぱく質には、血清コレステロール値を低下させたり、正常に維持する作用があるといわれています。

ただし、植物性たんぱく質だけでは必要なたんぱく質の量を満たすことが難しいため、植物性だけで補おうとすると結果的にたんぱく質不足に陥ってしまうことがあります。

たんぱく質が不足すると、髪の毛が抜け落ちたり、皮膚に弾力が無くなったり、爪にスジができることがあります。免疫力が落ちるため、病気に罹りやすくなります。

両方をバランスよく摂取することが大切

動物性たんぱく質、植物性たんぱく質のそれぞれにメリット・デメリットがあります。一つの栄養素だけを多量に取り入れるような食事法は身体の不調を招きます。

両方をバランスよく取り入れ、さらにバランスの良い食事をとることが髪の健康にも役立ちます。

子供でも安心して使える天然素材の白髪染めについて

関連:
子供の白髪 原因と対策
子供の薄毛 原因と対策

スポンサーリンク