ビタミンB12欠乏症(悪性貧血)による子供の白髪 原因と対策

image2

子供の白髪の原因の一つとして挙げられるのが、ビタミンB12欠乏症という病気です。

普通の食生活を送っている方にはあまり馴染みのない病気ですが、菜食主義の方(親が菜食主義の場合も)、胃の手術を行った方に注意が必要です。

このページでは、ビタミンB12欠乏症(悪性貧血)の症状と原因、治療法について解説しています。

スポンサーリンク

ビタミンB12欠乏症とは?

ビタミンB12の不足することによって、ビタミンB12欠乏症が起こります。

貧血といえば鉄分不足が原因であることが多いのですが、ある限定された条件下ではビタミンB12欠乏症が起こることがあります。

ビタミンB12は葉酸とともに、血球細胞やDNAの合成に必要な成分です。ビタミンB12が欠乏すると貧血になることがあります。

ビタミンB12欠乏症による症状として、悪性貧血があります。悪性貧血は巨赤芽球性貧血の一種であり、胃粘膜が萎縮し、糖たんぱく質が低下することによって、ビタミンB12が欠乏することで生じる貧血のことをいいます。

ビタミンB12欠乏症の症状

ビタミンB12欠乏症になると、悪性貧血、神経系障害、消化器官の障害などの症状が生じることがあります。

軽度の貧血では、めまい、疲労感、脱力感が生じます。食欲が無くなり、消化不良を引き起こすこともあります。

症状が重くなると、脾臓や肝臓が腫大したり、動悸や息切れが起こるようになります。肩こりや手足のしびれが酷くなり、感覚が失われることがあります。

さらに進行すると、せん妄や錯乱など、精神機能障害が起こることがあります。

白髪との関連性は?

髪の毛を作るためには血液から酸素や栄養を運ぶ必要があります。ところが、重度の貧血になると髪の毛のような重要性の低い部位には栄養が行き届かなくなります。

メラニン色素の原料となるチロシンが血液を通して運ばれなくなり、白髪白髪が発生しやすくなります。

ビタミンB12欠乏症の原因

  • 胃酸分泌の減少による吸収不全
  • 完全菜食主義
  • 胃の手術
  • 慢性膵炎

ビタミンB12は身体に必要な栄養素ですが、大半の他の栄養素とは異なり、3〜5年分の量が肝臓に蓄えられています。そのため、しばらくの間摂取できなかったとしても、欠乏症状が出ることはほぼありません。

ビタミンB12欠乏症になる原因としては、高齢者の場合は胃酸分泌の減少による吸収不全が最も一般的ですが、若年者の場合は完全菜食主義など食生活に問題がある場合が多いとされています。

また、胃の手術を行った人もビタミンB12欠乏症になる可能性があります。ビタミンB12は胃で生産されるたんぱく質である内因子と結合することで、身体に吸収されます。つまり、なんらかの原因で内因子が生産されないとビタミンB12は吸収されずに体外に排出されてしまうのです。そのため、胃の手術を行った後や、慢性膵炎などでもビタミンB12の欠乏が起こることがあります。

ビタミンB12欠乏症の診断

診断は血液検査に基づいて行います。血液中に巨大赤血球がある場合、ビタミンB12欠乏症の疑いがあります。そこでビタミンB12の濃度、CBC(全血球計算)、葉酸値を測定します。

ビタミンB12欠乏症の治療

ビタミンB12欠乏症や悪性貧血の治療においては、多量のビタミンB12サプリメントを摂ることでほとんどの症状は改善されます。

また、菜食主義の母親から生まれた乳幼児は、誕生時からビタミンB12を投与することでビタミンB12欠乏症を予防します。

適切な治療を行えば症状は回復します。しかし、神経症状は貧血と比べて回復が遅く、元の状態に戻らないこともあります。症状が出たらできるだけ早く治療することが大切です。

ビタミンB12を含む食品

ビタミンといえば緑黄色野菜を思い浮かべがちですが、ビタミンB12は主に動物性の食品に含まれています。

ビタミンB12を多く含む食品

  • 牛レバー
  • 豚レバー
  • 鶏レバー
  • いわし
  • さんま
  • シジミ
  • 赤貝
  • はまぐり

菜食主義者の方、動物性たんぱく質を摂取するのが難しいという方は、ビタミンB12のサプリメントを摂取することで改善します。

子供でも安心して使える天然素材の白髪染めについて

関連:
子供の白髪 原因と対策
中学生・高校生に生じる薄毛や白髪、もしかして貧血が原因かも
ビタミンB12欠乏症(悪性貧血)による子供の白髪 原因と対策
部活をする中学生高校生が陥りやすいスポーツ貧血
子供の薄毛や白髪の原因は亜鉛不足のせい?亜鉛欠乏症の原因と症状

スポンサーリンク