新生児や生まれたばかりの赤ちゃんに抜け毛が起こる原因と対処法

image

生まれたばかりの赤ちゃんの柔らかい羽毛のような髪の毛が、突然大量に抜け落ちてしまうことがあります。せっかく生えてきた髪がほとんど無くなってしまうことに不安を感じるお母さんも少なくありません。

どうしてこのような現象が起こるのでしょうか?このページでは、赤ちゃんの脱毛が起こるメカニズムについて解説しています。

スポンサーリンク

赤ちゃんにの髪の毛が抜ける原因とは?

生まれて数ヶ月の赤ちゃんや新生児に脱毛が起こることがあります。生まれて数ヶ月はふさふさの髪の毛だったのに、突然大量の髪の毛が抜けて、ほとんど髪が無くなってしまうこともあります。

このような状態になると、何か病気なのではないか、ストレスがあるのではないかなど不安を抱えるお母さんもいることでしょう。

しかし、実は、赤ちゃんの抜け毛は珍しいことではありません。

赤ちゃんの抜け毛は毛根が休止期を迎えているから

赤ちゃんは、お母さんのお腹にいる胎児の頃から毛根や髪の毛の元となる細胞ができ始め、細胞分裂が繰り返されていきます。

やがて赤ちゃんが生まれ、しばらくはそのまま髪の毛が生えてきますが、3ヶ月前後で毛周期が休止期を迎えます。休止期を迎えた髪の毛は、枕でこすれて自然に抜け落ちます。

この段階で多くの髪の毛が抜け落ちてしまうこともありますが、毛周期が次の成長期に入れば髪の毛は再び自然に生えてきます。

毛周期とは?

毛周期(ヘアサイクル)とは、髪の毛が成長して抜け落ちるまでの周期のことです。毛周期は、髪の毛が成長し、太く長く伸びていく『成長期』、髪の毛の成長が止まる『退行期』、髪の毛が抜けて新しい髪の毛を作る準備段階に入る『休止期』の3つの時期を繰り返します。

髪の毛が抜けてしまうことで、ショックを受けてしまうお母さんもいます。しかし、赤ちゃんの抜け毛は自然な生え変わりの現象ですので、慌てずに対処してください。

ただし、別の原因で髪の毛が抜けるケースもありますので、気になることがある場合はお早めにかかりつけの医師にご相談ください。

赤ちゃんの髪の毛が全く生えない場合

赤ちゃんが生まれた時から全く髪の毛が生えない場合、もしくは異常に髪の量が少ない場合、無毛症や乏毛症である可能性があります。

また、生まれたばかりのときは髪の毛が生えていても、生後1〜2年前後で全て抜け落ち、その後生えてこなくなるケースもあります。

赤ちゃんの髪の毛が生えない 無毛症・乏毛症の症状と原因・治療法

関連:子供の薄毛 原因と対策

スポンサーリンク